メイン写真

礼文島
ファミリーでの
過ごし方

模様
サブ写真
礼文島

大自然の中で、思い切り遊ぶ!
何年経っても色あせない家族の思い出。

各交通機関はシーズンによって時刻が変わりますので、事前に必ずご確認くださいませ。
AM8:30

旅の始まる朝・ターミナル出発
大自然と出会う礼文島へ。

「明日は船に乗るんだ」と昨晩から張り切り、
なかなか寝付かなかった子どもたち。
眠い目をこすりながらも、
港に着くと表情がぱっと変わる。
レンタカーのままフェリーに乗り込み、
パパもママも少し休憩。
海を眺めながら、わくわくした気持ちで礼文島へ。
いざフェリーターミナルを出発!
どんな自然と出会えるかな。

AM9:10

「あ、アザラシ!」
自然の中で過ごす生き物を間近に観察
「金田ノ岬」

海岸線のすぐ近くにアザラシを発見!
水族館よりも間近に観察ができ、
子どもたちは大喜び。
ドライブ中のふとした瞬間にも、
大自然を感じられる。
これぞ礼文島の旅の醍醐味。

AM9:30

「誰が一番多く見つけられるかな?」
穴あき貝拾い

「誰が一番たくさん見つけられるか、競争しよう!」
パパが声をかけると、
子どもたちは一気に真剣な目つきに。
海岸でよくみられる穴あき貝。
ツメタガイという貝が、
ニマイガイを食べるときに酸で殻を溶かすことで、
穴のあいた貝になるのだそう。
この穴に糸を通してオリジナルのキーホルダーにすれば、
お土産にも最適です。

AM10:10

ほんのり昆布の味?!
いつもと一味違うソフトクリームを堪能

ちょっとグレーがかった色のソフトクリーム。
昆布が有名な利尻・礼文に来たからには
チャレンジしてみようと注文。
家族で一口ずつ食べ、第一声は皆揃って「昆布だ!」。
甘いソフトクリームにほのかな昆布味。
おもしろい味覚も旅の思い出の必須アイテムです。
「スコトン岬」は「最北限のトイレ」や「最北限の売店」
「最北限のバス停」などのスポットも多数。
話題性抜群なので写真を撮ってSNSにあげるのもよし!

AM11:15

「甘くておいし~い!」ウニむき体験

礼文島に来たら欠かせない!お待ちかねウニむき体験!
「ウニむき体験センター」に行けば
家族みんなで体験できます。
「トゲトゲがすごいね、かっこいいね!」
水揚げされたばかりのウニむき体験ができるなんて、
パパもママもみんなわくわく!
スタッフさんに教えてもらいつつウニ専用の殻むき器を
使えば、思ったより簡単にパカッとむける。
栄養豊富な利尻昆布を食べて育ったウニは、
びっくりするくらいトロンと溶けて、ほっぺが落ちそう!

AM12:00

ふわふわ、アツアツの
名物・ホッケをいただきます!

礼文島のもうひとつの名物、ホッケ。
礼文島に来たら食べないとソン!
パパはシンプルな焼きホッケ、
ママと子供たちはチャンチャン焼きをチョイス。
「こんなにジューシーでふわふわなホッケ初めて!」
びっくりするおいしさ。
脂がのってたまらない食感に子どもたちも夢中。
「この魚だったら毎日食べられる!」
なんて会話が飛び出してパパママにっこり。
大根おろしと醤油のバランスもたまりません。

PM1:30

淡い光を放つ、
メノウ石は夏休みの宝物。

礼文グルメをたっぷり堪能した後は、再び自然探検へ!
礼文島の観光スポット「桃岩」と「猫岩」をじっと観察。
ずっと見ているうちに桃や猫に見えてきたかも?
「桃岩トレッキングコース」では「レブンウスユキソウ」というヨーロッパではエーデルワイスと呼ばれる
白くて可憐な高山植物も見られる。
探索の後は「元地海岸(メノウ浜)」へGO!
海岸で、メノウが見つかるなんて楽しみ!
いつもはなかなか見られない石を見つけたら、
家族にとってこの夏休みが一層特別なものに。

PM3:10

北のカナリアパークで「また来たいね」。
ちょっと成長した子どもの横顔。

映画公開を記念してつくられた「北のカナリアパーク」。
ロケのために建てられた学校も残っていて、
利尻島が浮いているように見えるのも見所。
自然いっぱいでリフレッシュしながら、
「帰りたくないね・・・また来たいね」
少しだけ寂しそうな子どもの横顔。
そんな姿を見て、また家族旅行が楽しみになる。
あと何回こうしてみんなで出かけられるだろう。
今回も忘れられない旅になったね。

PM5:00

うすゆきの湯

旅のおわりは天然温泉施設、
礼文島温泉「うすゆきの湯」へ。
礼文固有種の高山植物「ウスユキソウ」に由来する名前。
さあ、めいっぱい楽しんで疲れた体を癒そう。
源泉かけ流しの湯はすきとおり、お肌にやさしい。
ナトリウム‐塩化物・硫酸温泉で、
入浴後も温かさが続く。
旅の疲れをリフレッシュして、思い出に浸る温泉時間。
露天風呂から眺められる遠くに浮かぶ利尻島も、見納め。
ちょうど夕陽の沈む時間!きれいだな・・・
「また必ず来ようね」家族皆で約束をした。

このページでご紹介したスポット

  • 金田ノ岬(船泊)
    0163-86-1001
    (礼文島観光協会)

  • スコトン岬(船泊)
    0163-86-1001
    (礼文島観光協会)

  • ウニむき体験センター(船泊)
    0163-87-2506

  • 桃岩トレッキングコース(香深)
    0163-86-1001
    (礼文島観光協会)

  • 元地海岸(メノウ浜)(香深)
    0163-86-1001
    (礼文島観光協会)

  • 北のカナリアパーク(香深)
    0163-86-1001
    (礼文島観光協会)

  • うすゆきの湯(香深)
    0163-86-2345

  • 穴あき貝拾い(船泊湾)
    0163-86-1001
    (礼文島観光協会)

TOPへ戻る