メイン写真

利尻島
アクティブに自然を
楽しみたい方

模様
サブ写真
利尻島

「ゆっくりするだけじゃ物足りない!」アクティブ派のあなたも
大満足な楽しみがここに。島に着いてからが旅の始まりだ!

各交通機関はシーズンによって時刻が変わりますので、事前に必ずご確認くださいませ。
AM8:30

利尻島の朝は、ウニめし丼から!

待ちに待った利尻旅!
朝から元気にターミナル2階「丸善」でウニめし丼
天然の利尻昆布出汁と、生ウニの煮汁で炊き込んだ
ご飯
は、ここに来たらはずせない味だ。
たっぷりのウニとイクラが贅沢なコラボレーション。
利尻周辺の海の幸が織りなす味で、パワーフル充電!

AM9:45

シーカヤックツアーへ出発!

エメラルドグリーンに輝く透きとおった海。
北の海からイメージする色とはかなり違ってびっくり。
カヤック初心者でも、事前に十分トレーニングを
受けてから漕ぎ出すので安心だ。
海面からも確認できる海の幸、昆布やウニの姿に感動!
海の恵みへの感謝もひとしお。

AM12:00

新鮮魚介をとことん味わえる
「利尻ラーメン」

シーカヤックで海を感じた後は、
フェリーターミナル向かい、黄色い暖簾の「磯焼亭」へ。
利尻の恵みたっぷり、
ダシが美味しい「利尻ラーメン」を食す。
エビやホタテ、とろろ昆布・・・
新鮮魚介がのったラーメンは体に染みわたる!

PM1:10

鴛泊から車で沓形へ移動、
島の風を感じるサイクリングロード

鴛泊から車で沓形へ移動したら、
「ホテル利尻」で自転車を借りてサイクリングへGO!
車でドライブするよりも「島を自転車で周った!」
という特別感が思い出になる。
沓形から鴛泊にかけて舗装されたサイクリングロードは、車が通らず静かな道だ。
ゆったりペダルを漕いで時間の許す限り
大自然を満喫しよう。

PM4:00

夕日を眺めながら温泉に浸かり
ほどよく疲れた体を癒す。

シーカヤックやサイクリングで
ほどよく疲れた体を温泉で癒す。
「ホテル利尻」内の「利尻ふれあい温泉」は、
炭酸水素含有量が国内トップクラス。
空気に触れると茶褐色に変化する温泉は
「金の湯」などと呼ばれ、地元の方から愛されている。
海面をオレンジ色に染めながら沈む夕日を
露天風呂からぼんやり眺めていると、
心も身体も解放されるような気分に。

このページでご紹介したスポット

  • 丸善(鴛泊)
    0163-82-1110

  • シーカヤックツアー
    0163-82-2295
    (利尻自然ガイドサービス(鴛泊))

  • 磯焼亭(鴛泊)

  • レンタサイクル
    0163-84-2001
    (ホテル利尻【沓形】)
    0163-82-1046
    (旅館雪国【鴛泊】)

TOPへ戻る