新着情報News

2019.09.27
お知らせ

新造船 命名「アマポーラ宗谷(Amapola Soya)」進水式

本日、2019年9月27日(金曜日)10時00分、内海造船株式会社(広島県尾道市)瀬戸田工場にて建造中のフェリーは“アマポーラ宗谷(Amapola Soya)”と命名され、無事に進水式が執り行われました。

新造船“アマポーラ宗谷(Amapola Soya)”は2020年2月上旬に稚内と利尻島・礼文島を結ぶ、「利尻・礼文航路(稚内~利尻島・礼文島、利尻島~礼文島)」に就航致します。

ぜひ“アマポーラ宗谷(Amapola Soya)”で利尻島、礼文島へお越しください。

 

◇アマポーラ宗谷(Amapola Soya)命名・進水式

 

◇アマポーラ宗谷(Amapola Soya)の由来

サイプリア宗谷、カランセ奥尻に次ぐ島の花第三弾、利尻島固有種の黄色い花“リシリヒナゲシ”は日本に自生する唯一のヒナゲシであり、ヒナゲシのスペイン語より命名。ヒナゲシの花言葉は「思いやり、いたわり」。本船はその心のまま皆様を島々へご案内いたします。

 

◇本船主要要目

〇総トン数 4,250トン

〇全長   約96.5m

〇定員   495名(夏季550名)

〇積載台数 8トン積みトラックのみの場合 21台

乗用車のみの場合        53台

〇速力   約19.1ノット

 

◇プレスリリース 20190927プレスリリース(アマポーラ宗谷命名・進水式).doc

◇お問い合わせ先

営業開発本部(TEL:011-233-8010)

カテゴリ

月別アーカイブ

TOPへ戻る