利尻島
食ツウもうなる
グルメを探しに

利尻島

利尻の食をただひたすら堪能する!
ここでしか食べられないものを探す美味しい旅。

各交通機関はシーズンによって時刻が変わりますので、事前に必ずご確認くださいませ。
AM9:00

上陸後、島を感じるサイクリングへ

9月下旬の利尻は紅葉が楽しめる。
鴛泊の旅館「雪国」でレンタサイクルを借り、
全長25キロメートルあるサイクリングロードへ
繰り出そう。道中は水分補給が重要。
事前にコンビニや自販機で飲み物を確保して。
動きやすい服装も必須!スポーツ用のスパッツがあると
太ももが痛くならずにすむ。
休憩しながら、2時間半くらいでゆっくりと走ろう。
途中で折り返し鴛泊へ戻るコースだ。

AM12:00

フェリーターミナル2階のカフェでランチ

鴛泊のフェリーターミナル2階、TSUKI CAFEへ。
海と利尻富士が両方見える席で、
ひと休みのランチタイム。
いい景色を眺めつつ、午後への英気を養おう。
「昆布塩ザンギ丼」を頬張るとサクサク、ジューシー!
衣に昆布が練り込まれ、ほんのり昆布色。
後半はラー油をかけて食べる。
食後には、カフェラテをチョイス。
午後も出歩くのが楽しみ。

PM1:00

カタチに残る思い出作り
島の駅で「海藻おしば体験」

利尻の海の風景を当たり前のように形作っている海藻。
緑色だけでなく赤色や黄色、緑でも色の濃さが違うなど、
実はとてもカラフル。
島の駅では、海藻を押し花のように使って絵を描く
「海藻おしば体験」ができる。
刺身の飾りとしての海藻ではなく、
王道の出汁をとる使い方でもなく、
海藻を文房具として使うとはとても面白い体験。
利尻島の思い出に!

PM5:00

夜は島の居酒屋で
最北のグルメ三昧!

利尻は夜の食も熱い。
居酒屋「月」では利尻ラーメン、
「島海苔」のおにぎりのほか、
島でとれた海産物、北海道ならではのエゾシカたたき、
利尻昆布を使って熟成させた、
北海道豊富町産ジャージー牛のタリアータなど、
素材を生かすだけでなく
心も手も込んだ料理がずらり提供される!
気になるグルメを堪能しつくそう。

このページでご紹介したスポット

  • レンタサイクル(鴛泊)
    0163-82-1046
    (旅館 雪国)

  • TSUKI CAFÉ(鴛泊)
    0163-85-7474

  • 海藻おしば体験(沓形)
    0163-84-2514
    (利尻 島の駅)

  • 居酒屋 月(鴛泊)
    0163-82-2305

TOPへ戻る