新着情報News

2020.03.31
お知らせ

新型コロナウイルス感染症に関するお願い

 現在、国内では都市部を中心に、日々、感染者が増加しており、世界各国においても、感染拡大が続いているなど、その終息が見通せない状況となっております。
 また、この時期は就職や進学等に伴い、道外に転出される方や道内で新たな生活を始められる方などが多くいらっしゃいます。
感染拡大を防止するため、北海道庁の「新型コロナウイルス感染症」に関する下記の注意喚起文をご覧いただき、弊社航路をご利用いただくお客様をはじめ、みなさまのご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

 

■道外に転出される方々は、転出される地域で発出されている「注意事項」をご確認いただくとともに、これまで道内で取り組んで来た次の留意事項を転出先においても引き続き取り組んでいただきますよう、お願いします。
■道内に転入される方々は、これまで、道民一丸となって取り組んできた次の留意事項をご理解の上、取組にご協力願います。

 

■外出する際の3つの留意事項です。外出の際は、必ずご確認ください。
①体調は大丈夫?風邪気味ではありませんか?
風邪の症状に似ているので、のどの痛み、咳、発熱などがある場合は、外出しないようにしてください。

②人が大勢集まり、風通しが悪い場所ではありませんか?
換気が悪く、不特定多数の人が密に集まるような空間は、感染リスクが高いことから、その規模の大小に関わらず、避けてください。

③感染リスクを下げる方法をご存じですか?
会話は、手を伸ばして相手に届かない程度の距離をとるか、自分から飛沫を飛ばさないようマスクを装着することが望ましいとされています。

 

■集団感染の要因となる注意すべき3つの条件が示されています。
1つ目は、換気の悪い密閉空間です。こうした場面を避けるため、窓のある環境では、可能であれば2方向の窓を同時に開け、換気をしてください。

2つ目は、多数が集まる密集場所です。そこで、人が多く集まる場合には、会場の広さを確保し、お互いの距離を1~2メートル程度開けるなどして、人の密度を減らしてください。

3つ目は、間近で会話や発声をする密接場面です。そのため、周囲の人が近距離で発声するような場を避けてください。やむを得ず近距離での会話が必要な場合には、自分から飛沫を飛ばさないよう、咳エチケットの要領でマスクを着用するなどしてください。

 

■これらに加えて、こまめな手指衛生と咳エチケットの徹底、共用品を使わないことや使う場合の十分な消毒は、感染予防の観点から強く推奨されています。

 

■皆様方ご自身と大切な方々の命と健康、暮らしを守るため、ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

カテゴリ

月別アーカイブ

TOPへ戻る